資格取得について

Qualification

加圧インストラクター(KAATSU Instructor)養成講習会

加圧インストラクター(KAATSU Instructor)になるためには、加圧インストラクター(KAATSU Instructor)養成講習会を受講していただきます。

ページの先頭へ▲

加圧インストラクター(KAATSU Instructor)

新規に加圧トレーニングの指導資格を取得される方は、こちらの資格になります。

~受講対象者~
以下①または②の条件を満たす方

条件①:
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんま・マッサージ師、整体師、保健体育教諭、健康運動指導士、スポーツトレーナー、スポーツインストラクター等、人に対する施術やトレーニング指導を行なえる資格を有し、加圧トレーニングの経験者(3ヶ月以上かつ24回以上の指導を受けた方)。
条件②:
人に対する施術やトレーニング指導を行なえる資格は有していないが、KAATSU JAPANに登録されている実技講習受入実施者(※1)の下で、1年以上かつ50回以上の加圧トレーニングの指導を受けた方。
※KAATSU JAPANに登録されている実技講習実施者については、KAATSU JAPANへお問い合わせください。
~受講料~
¥432,000(取り扱い資格を取得できる器具:1種類)
※取り扱い資格を取得できる器具:2種類の場合 ⇒ ¥540,000/3種類の場合 ⇒ ¥648,000
※加圧トレーニングを行うために必要な専用器具代は含まれておりません。
詳細はこちらをご参照ください。
~講習内容~
Step① 理論講習(e-ラーニング):10時限(12時間)+テスト
e-ラーニングシステムによるWEBサイト上での基礎理論の受講及びテストですので、いつでもどこでも、パソコンとインターネットにつながる環境さえあれば受講できます。
※e-ラーニングの詳細についてはこちら。
Step② 実技講習(事業講習含む):4日間
理論講習受講後、KAATSU JAPANに登録されている、全国各地の実技講習実施者の下で受講していただきます。また、KAATSU JAPAN(東京)での実技講習も個別に行っております。各種器具の使い方、自分自身への実技取得、適正圧の見極め方、他人への施術等の実技習得と、各種登録届の仕方、資格制度の説明、器具の販売方法等の事業講習も含まれます。
※講習実施者によっては受講できる器具の種類が限定される場合がありますので、事前にご確認ください。
※実技・事業講習の日程や場所については、理論講習合格後、講習実施者と受講者との間で調整して決めていただきます。
※実技講習受講時に使用する加圧トレーニング器具は、以下の方法により予めご自身でご用意していただきます。
  • 1)購入
  • 2)レンタル契約締結
  • 3)実技講習実施者や所属施設より借用
※実技講習修了後、講習実施者から講習実施報告書を、受講者からは修了検定レポートを提出していただき、審査の上、資格認定となります。
~受講申し込みの流れ~
  • 1)受講申込み受付サイトの受講申込フォームに必要事項を入力し、申込データを送信してください。
  • 2)受講受付後に請求書をお送りいたします。
  • 3)請求書に記載されている口座に銀行振込にて受講料をお支払願います。
  • 4)受講料のご入金確認後、eラーニングによる理論講習受講用のID、パスワードを発行致しますので、通知が届きましたら受講開始していただけます。
  • 5)理論講習(e-ラーニング)を合格したら、実技講習実施者の下で実技講習を受講していただきます。また、KAATSU JAPAN(東京)での実技講習も個別に行なっております。
  • 6)実技講習が修了して、講習実施報告書と修了検定レポートが受理されたら、受講修了書と加圧インストラクター(KAATSU Instructor)資格認定書が発行されます。

ページの先頭へ▲

資格取得について

  • 指導資格について
  • 加圧インストラクター(KAATSU Instructor)養成講習会
  • 加圧スペシャルインストラクター(KAATSU Special Instructor)養成講習会
  • KAATSUサイクルインストラクター(KAATSU CYCLE Instruntor)養成講習会
  • 受講申し込み